安心と信頼の桐ヶ谷斎場で故人の最期を見送ろう

開放的で気持ち良い空間で

葬儀

最後の瞬間だからこそ

身近な人が亡くなったとき、残された方は葬儀の準備に追われることになります。悲しみに浸る暇もないほど、様々なことを決めていかなければいけません。葬儀を執り行う葬儀会社や斎場、そしてお願いするお寺や神社など、様々な調整を速やかに行い、故人を送り出すことが求められます。東京都品川区西五反田にある桐ヶ谷斎場は、明るく開放的な雰囲気を持つ、人気の斎場の一つです。お葬式と言えば、その特性上、どこか暗い印象を抱く方も多いものかもしれません。しかし大切な人生の最後の瞬間だからこそ、明るく清潔感ある空間の中で、気持ち良く送り出してあげたいと願う方も多いはずです。桐ヶ谷斎場は、こうした方々にも人気を集めています。

家族の負担サポートします

桐ヶ谷斎場の特徴は、23区内でも数少ない、火葬場が併設されたタイプの斎場であるという点です。宗派を問わず利用することができ、ごく小規模な家族葬から一般的な葬式まで、幅広く対応できる点も人気を集めています。火葬場が併設されているということは、斎場と火葬場を行ったり来たりする必要がないということでもあります。家族や参列者の負担も軽減できることでしょう。また霊安室も完備されており、病院から斎場へと、直接故人を送り届けることも可能です。近年では、「自宅に帰らせてあげたいけれど、現実的に考えてスペースを用意できない」というケースも少なくありません。桐ヶ谷斎場であれば、こうした不安も解消できることでしょう。

フラワー

僧侶に支払うお礼のお金

仏教に沿ったお葬式・仏式葬儀では、僧侶による読経が欠かせない儀式です。仏式葬儀を行ったあと、遺族は僧侶など寺院関係者にお布施代を支払う必要があります。お布施代は相場に従って、失礼のない金額を包むのがマナーです。

お経と数珠

人気のあるお葬式

四條畷では従来の形式に囚われない手作り感のあるお葬式や、低コストなお葬式が人気です。四條畷の葬儀会社は一人ひとりの希望を聞いて、その人の希望するお葬式をプロデュースしています。前もって相談しておけば、いざとなった時でも安心です。

線香

全体の流れとマナー

お葬式は死者とのお別れの儀式です。突然訪れることが多いので、お葬式に関する知識は普段から持っておくことが大切です。高津区でお葬式に参列するなら、お通夜や葬儀で持参する香典は関東地方の相場に合わせるのがお勧めです。